お買い物カゴを見る |  マイページ・新規登録 |  初めてのお客様 |  お問い合わせ |  お客様の声 |  BLOG |  サイトマップ |  大量注文のお客様
RSS
発送のご案内エコウッド店長のプロフィール
ラティスフェンスのご案内ラティス用金具・スタンド
大人気ウッドデッキFRP樹脂製品
お好きな長さに寸法加工横張りフェンスも人工木
施工詳細についてラティスフェンス設置写真はこちら

設置や施工に関するご質問(金具・人工木材・組み合わせ)



Q4  ブロック用角ポール(60mm)固定金具 10cm用は、差し込むポールの高さ&ラティスの高さに制限はありますか?

自宅のブロックの上に、この金具を使用して長さ4メートル程度を1200×90の人工木ラティスを縦に使用して取り付けようと思うのですが、風通しが良い場所なので台風等の強風時に強度が心配です。


A .  エコウッドの今福と申します。お問い合わせを頂きましてありがとうございます。

ブロック用金具の差し込み部の高さは100ミリございます。高さが1200ミリ程度のラティスであれば問題ないと考えますが、強風がご心配とのことで、私どもも同感です。

そのため、強風が懸念される場合、私どもで施工を行うときは、人工木ポストの中に必ず「芯棒」を入れています。下記のリンクをご覧下さい。

http://www.lattice-shop.jp/hpgen/HPB/entries/170.html
http://www.lattice-shop.jp/SHOP/post-support002.html

人工木ポストは中空のため、通常は長いビスが使えませんが、中に芯棒を通すことにより長いビスが使用可能となり、強く固定することが出来ます。こうすることで、程度にもよるでしょうけど少々の強風には耐えている実績がございます。

実際にこの工法で高さ1800ミリのラティスも作っていますので、まず心配は無いと考えております。 →http://www.lattice-shop.jp/hpgen/HPB/entries/133.html

回答は以上となります。さらにご不明の点がございましたら、何度でもご納得頂けるまでご相談下さい。
では、ご検討よろしくお願い申し上げます。この度はありがとうございました。



Q5  現在、目隠し用のフェンス(延長約16m)の設置を検討しています。

貴社製品のエコウッド006(人工木材)100×8mm について質問です。腐らない・メンテナンスがほとんど不要とのことですが、実際の寿命は大体どれくらいなのでしょうか?

また、人工木材100×8mmに使用する支柱ですが、ラティス専用の人工木60角ポスト2100でも構わないのですか?耐荷重に不安があり、支柱に基礎ブロック(土中用金具)は必要ないのでしょうか。 


A .  エコウッドの今福と申します。お問い合わせを頂きましてありがとうございます。横張りのフェンス設置をご検討頂いているとのことで誠にありがとうございます。

■ 人工木の寿命について

人工木はポリプロピレン樹脂に木粉を混ぜ合わせたプラスチック製品となります。成型後表面を荒し加工しているため木のような風合いを出しています。

寿命ですが、人工木は一般的には15年以上とされていますが、私どもでは販売開始してまだ9年程しか経過していません。そのためいわれている寿命以上耐久しているかの検証が出来ていませんが、発売当初にお取り付けになったお客様のラティスを見ても何ら変化が出ていませんので、現時点では少なくとも10年以上は軽く持つのではないかと考えております。

→人工木材のメリットデメリットについて記載しています。


■ 支柱について

おっしゃるとおりです。ただ、ポストは中空構造ですので、フェンスを取り付ける場合は強度を補完するために中に芯棒を通すことを強くお薦めしています。

芯棒は普通の木(2100×38〜40mm角)で良いと思います。芯棒を通すことで長いビスが使えるようになるからで、これによりフェンスの板材をより頑丈に取り付けることが出来ます。

私どもでも販売をしておりますが、近場に材木店さんがあるようでしたらそちら の方が安いかも知れません。
http://www.lattice-shop.jp/SHOP/post-support001.html


■ 基礎金具について

ブロックを敷いて頂けるのなら安心ですが、土中用金具でも特に問題はないと思います。

土中用金具は差し込んだだけでは強風時の強度が不安ですので、差し込んだ後、周りを少し掘ってセメントで固める工夫が必要です。私どもで施工を請け負う場合は必ず行っている工程です。
例えば→http://www.lattice-shop.jp/hpgen/HPB/entries/181.html

回答は以上となります。では、ご検討よろしくお願い申し上げます。この度はありがとうございました。


Q6  プラスチックポストを使ったフェンスの設置を検討しており、不明点がいくつかあります。

1.プラスチックラティス専用ポスト(支柱)は、人工木材との組み合わせは可能ですか?
2.また、人工木ポストのように補強心材も必要になりますか?
3.木材と同様の加工(ネジ止め)は可能ですか?
4.横貼りフェンスの白が欲しいのですが、この商品と、人工木材にペンキなどを塗ったものでできますか?
5.プラスチック、人工木、アルミ支柱を比較すると強度、加工のしやすさはどうですか?


A .  エコウッドの今福と申します。お問い合わせを頂きましてありがとうございます。
ご質問に回答をさせて頂きます。

1.プラスティックラティス専用とありますが、人工木材との組み合わせは可能ですか?

→組み合わせることは可能ですが意匠が違うため、こちらは風合いやお好みでのご判断となってしまいます。

例えば下記設置写真は仕様は若干異なりますが、人工木の支柱とプラスチックラティスを組み合わせて設置しています。同系色にはなりますが、材質が異なります。http://www.lattice-shop.jp/hpgen/HPB/entries/173.html

2.人工木材のポストのように補強心材も必要になりますか?

→より強固にするため、長いビスをお使いの場合は必要となります。
下記はプラスチックポスト(支柱)に補強用心材を通したお写真です。

3.木材と同様の加工(ネジ止め)は可能ですか?

→プラスチックラティス・ポストも人工木の一種ですので、ネジを使うなどの加工が出来ます。

4.横貼りフェンスの白が欲しいのですが、この商品と、人工木材にペンキなどを塗ったものでできますか?

→人工木はポリプロピレンという樹脂を使っていますが、この樹脂のネガティブな特徴として、塗料が化学的に密着しない性質を持っています。 ただ塗料自体は乗るので一見塗装が出来るかに見えますが、いずれ剥がれる可能性があり、定期的に塗装をする必要があります。

↓こちらはお客様の方で、人工木ポスト・人工木ラティスすべて白色に塗られています。

5.プラスチック、人工木、アルミ支柱を比較すると強度、加工のしやすさはどうですか?

→強度についてはなんと言ってもアルミかと思います。加工性の高さについては、人工木>プラスチック>アルミとなりそうです。 また、耐久性が優れていると言われるアルミもメンテナンスは必要です。定期的に表面の汚れを取ってあげないと腐食することもありますし、そのメンテナンス法もキズやサビを作らないように布やスポンジで丁寧に行う作業が必要になります。

その他、人工木のメリットデメリットについてこちらにも記載しています。

回答は以上でございます。ご検討よろしくお願い申し上げます。

施工や設置に関するご質問(強度・表札・アルミフェンス)



Q1  隣家との目隠しを施工するにあたり、90cmのフェンスに180cmのラティスを結ぶのは強度として問題はありますか?それぞれの高さが90cmと130cm部分があります。

また、目隠し効果を考えるとルーバーラティスがよいでしょうか? 3枚を壁(フェンス)に沿わせて横に並べて結束バンドで固定する予定です。最後に人工木ラティスはL字スタンドで立たせることが可能?

以上よろしくお願い申し上げます。


A .  エコウッドの今福でございます。ご質問に回答いたします。

ラティスの高さに対するフェンスの必要高は2/3以上となるのが望ましいのですが、実際には90cm以下でも180cmのラティスを付けている方もおられます。 設置部は90cmということですから、180cmでも特に問題は無いと思います。

添付のイメージ図をご覧下さい。 左側のフェンス上部(130cm)ギリギリに結束バンドを取り付けるのは必須です。90cm部分は、ラティスの両端に、縦に3カ所くらいで良いと思います。


ラティス上部は強風時のバタつきを防ぐため、ストレート連結金具をお使い下さい。この金具を使わない場合には、ラティス同士を木ねじで直結する方法もあります。

なお、テラスにラティスを設置する場合ほとんど結束バンドで縛り付けています。また、L型スタンドは重量のある人工木ラティスを支えることは出来ません。 テラスの床面にも影響を与えない結束バンド方式は極めて簡単で確実な方法です。

私どもの職人もベランダフェンスにはこの方法を用います。結束バンドは、高耐候性タイプのものをお買い求め下さい。特に100均などで買ったバンドは粗悪なものも多く、3ヶ月くらいでぼろぼろになったという話を聞きます。

ホームセンターなどの電設資材売り場の結束バンドは、電信柱で電話線などの結束に使うプロ仕様のものがありますので、こういうものを揃えて下さい。ちなみに私どもでも45cmのものを1本からバラ売りしております。
http://www.lattice-shop.jp/SHOP/insulok-001.html

また、多くの場合ベランダやテラスは排水溝に向かって緩やかなスロープになっています。床面に傾斜があるとラティスをきれいに取り付けることが出来なくなりますので、もしそういう場所であるなら、低い部分に板をかませるなどの工夫が必要となります。

ルーバーは、断固とした目隠しの主張ですので、私の経験上隣家の方への配慮が必要なようです。加えて、ルーバーは圧迫感、閉塞感をもたらします。お風呂場の窓の目隠しなど限定的な使い道です。

回答は以上となります。ではご検討よろしくお願い申し上げます。


Q2  FRP枕木商品1800に表札をつけようと思っているのですが、中が空洞との事ですが、穴を開けても問題ないでしょうか。

また、立てて埋めた後、コンクリートで周りを固めると表面温度が上がった時など膨張が起きひび割れ等の不安がありますがいかがでしょうか。


A .  エコウッドの今福でございます。この度はお買い上げ頂きましてありがとうございました。
ご質問に回答をさせて頂きます。


■表札の取付

FRP枕木の中は中空ですので、反対側から締めるタイプの表札を設置される場合は、枕木の裏側まで届くボルトが必要になります。

おおむね90ミリ程度のボルトが必要で、表札に同梱されているボルトがこれより短いと使えませんので、ホームセンターさんなどでボルトだけを買い直す必要があります。

長いボルトを用意されましたら、表札取付面から反対側まで貫通させて、ナットで止めることになります。裏側のナット部分は、スプレーなどで黒く塗装されますと目立ちにくくなります。

このほか、ボルトナットを使わず枕木の厚みの中で止まる程度の短いビスを使ってネジ止めする方法もあるようですが、もしネジを打ったところの肉厚が薄かった場合はネジが内側に飛び出て空回りしてしまう恐れもありますので、簡単な方法なのですが失敗をしやすいかも知れません。

それと、一度試してみたいと思っていたのですが、プラスチックと金属を接着可能な接着剤で、素地用のプレートを貼り付けてしまうという方法も考えられます。(実績はありません)


■膨張によるひび割れについて

確かによく言われていることで、私どもも心配をしているのですが、経験的なお話で恐縮ですが、枕木は業者様が主にお買い上げになり、数多くの施工をして頂きましたが、実はこれまでこのような問題が発生したことがありません。皆無です。

施工後何年も経過したものを追跡してまで調査をしたことはありませんが、こういうことがあると多くの場合業者様は黙っていませんので、クレームの報告がない以上問題は出ていないものと考えております。

一方私どもでも施工を行っておりますが、それらの案件についても問題は発生しておりません。
↓(こちらはタイルの下に埋め込み、セメントで固定しています。)

従って過熱膨張によるひび割れの心配はつきまとうものの、それほど心配することはないのではないかというのが私どもの見解でございます。

回答は以上となります。難しい部分もあるかと思いますが、ご健闘をお祈り申し上げます。この度はありがとうございました。


Q3  既存のアルミフェンスにラティスを取り付ける際に、重量ブロック等は必要ありませんか?直接インシュロックで止める際、コーナー部分に連結金具が必要かと思いますがいかがでしょうか?

また、インシュロックのお色は白でしょうか?HPではベランダの柵に止めるための金具がありましたが、それは必要ないでしょうか?


A .  お世話になっております。ご連絡を頂きましてありがとうございます。


■重量ブロックが必要かどうか

ラティスは、アルミフェンスの欄干(笠木部分)にぶら下げるように取り付けます。このため、まずブロックは置かないようにしてみましょう。

もし各ラティスの高さが一定にならない場合は、ブロックを置くことを考えれば良いと思います。ちなみにブロックはどこのホームセンターにもありますからすぐ入手できると思います。


■連結金具について

すべてのラティスを結束バンドで止めるため、連結金具はストレート、コーナー とも不要なのですが、私どもで施工を行う場合は体裁を整えるため使用しています。一度「連結金具なし」でお取り付け頂き、ラティスごとに段差が出て格好が悪い場合に追加して取り付ければ良いと思います。


■インシュロックの色

私どもでお届けするインシュロックは、黒色です。白色もあるのですが、黒色にすることで耐候性(日光や雨などに耐えうる性能)を出しています。

従って黒色でお願い出来ればと思います。連結金具も黒色ですが、白いラティスに黒い金具や結束バンドは、アクセントを与えると思いますがいかがでしょうか?(若干詭弁的ですが)


■フェンス用金具について

この金具はラティスをがっちり止めるために有効ですが、実は不慣れな方には取付が大変面倒な金具でありお薦めしておりません。現在はインシュロックがあるため、お客様がお取り付けになる場合も私どもで取り付ける場合もこれを使用しています。

まずは、最低限必要なラティスとインシュロックのみお求めになり、他の部材は必要に応じて追加をされた方が良いかと思います。不格好な部分が生じたときは、その部分を一つずつ解決する方法です。

ご心配はごもっともだと思いますので、他にもご不安なところがありましたらいつでもお気軽にご質問下さい。ではご検討よろしくお願い申し上げます。

よくあるご質問 エコウッドQ&A


この度はエコウッドにお立ち寄り頂きまして、誠にありがとうございますm(_ _)m
エコウッドのQ&Aや、これまでお客様より頂いた、お問い合わせやご質問を項目ごとに紹介しております。
お客様のお買い物の参考にしていただければ幸いです。
また、この他ご不明な点がございましたら、お気軽に「問い合わせフォーム」またはTEL、メール等よりお問い合わせ下さいませ。





Q1   人工木ラティスと樹脂ラティスの違いは何ですか?
Q2   人工木ラティスや樹脂ラティスの取り付けは、釘や木ねじで木製と同様に可能ですか?
Q3   人工木材の板材を使ってフェンスを作成できますか?また、屋外使用で耐久年数はどのくらい?
Q4   人工木のラティスポストに釘や木ねじが木材と同じ様に使えますか?
Q5   人工木ラティスは、カットすることや、ドリルで簡単に穴をあけることができますか?
Q6   Uボルトを柱に貫通させた場合、柱の内部に雨などの水分が浸透してきますが、柱的に問題ないですか?
Q7   人工木製品の原材料、耐用年数、素材の色について教えてもらえますか?
Q8   ラティスポストを使用して、人工木材をフェンスみたいに立てる時、下が土の場合とコンクリートの場合は、
     ほかに止め具等が必要ですか?

Q9   人工木材はペンキ塗れるのですか?ペンキがはがれやすいとかありますか?
Q10  人工木のラティスですが、自分でカットして大きさを調整することは可能ですか?
Q11  ベランダの手摺りに人工木ラティス1590を目隠しとして付けたいのですが、耐えられる重さか心配です。
Q12  人工木ラティスを支柱との間に横にして付けたいのですが、耐久的に問題ないでしょうか?
Q13  レッドシダーと人工木の耐久性の違いを教えてください。また、ラティスをメッシュフェンスに結束バンドで
     止める場合、10枚取り付けるのに何本必要か教えてください。

Q14  60角の人工木の柱で8mmの人工木の板を支える事は出来るでしょうか?


Q1   隣家との目隠しを施工するにあたり、90cmのフェンスに180cmのラティスを結ぶのは強度として問題は
     ありますか?

Q2   FRP枕木商品1800に表札をつけようと思っているのですが、中が空洞との事ですが穴を開けても問題
     ないでしょうか?

Q3   既存のアルミフェンスにラティスを取り付ける際に、重量ブロックやベランダの柵に止めるための金具は
     必要ありませんか?

Q4   ブロック用 角ポール(60mm)固定金具10cm用は、差し込むポールの高さ&ラティスの高さに制限などは
     ありますか?

Q5   目隠し用のフェンス設置を検討しています。人工木材100×8mmの実際の寿命は大体どれくらいなの
     でしょうか?

Q6   プラスチックラティス専用ポスト(支柱)は、人工木材との組み合わせは可能ですか?また、人工木材
     のポストのように補強心材も必要になりますか?

Q7   人工木門扉の扉位置や簡易ロックの位置、開く角度や固定方法について教えてください。
Q8   自分で土中用金具をコンクリートで固める場合はどうやればいいのか教えて下さい。
Q9   既存フェンスに高さ1800のラティスを2枚付けるのに、結束バンドだけで大丈夫でしょうか?
Q10  人工木門扉について、門扉の高さは120cm程のものはできませんでしょうか?
Q11  一直線にラティスを14m設置する場合、ポール固定具で強度は十分 でしょうか。





エコウッドについてのQ&A



Q1  エコウッドってどんなお店なの?

A .   2009年4月に「豊かな暮らしをお届けしたい」をコンセプトにエコウッド通販店舗をオープンしました。
エコウッドでは、ホームセンターで販売しているような大型商品が玄関まで届くので、車に乗らない大きな物や重量物でも安心して大変お求めやすい価格で商品をご提供しております。
ラティス・フェンス・ウッドデッキ・人工木材・枕木・ガーデニング用品など、皆様の楽しむライフスタイルにぜひご活用
ください。
また、私たちエコウッドは、地球環境に寄与しつつ、お客様にも喜ばれる商品作りをするため、これからも様々な取り組みをしていきたいと考えています。
地球環境とお客様第一主義。これをもって広く社会に貢献する。これが私たち「エコウッド」の基本方針です。
もっともっとお客様に素敵な商品をご提案できるように、これからも頑張っていきたいとおもっています。
これからもエコウッドにぜひご期待くださいませ。どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

インターネットの中ではなかなか素顔が分かりにくいと思いますので、簡単ではございますが、エコウッド店長のプロフィールを紹介しています^^


Q2  営業時間と定休日はいつですか?

A .   お電話でのご相談・お問い合わせは、月曜日から土曜日の10時〜19時となっております。
(お電話での問い合わせが増えており、事務所だけで対応出来ないときは店長の携帯電話へ転送されます。それでも電話に出ることが出来ないときがありますが、こちらから折り返しますので、どうぞご安心下さいませ。)

エコウッドの定休日については、ページの左下カレンダーに表示しておりますので、そちらでご確認ください。
なお、インターネットからのご注文やお問い合わせは、年中無休24時間承っております。


Q3  ラティスやウッドデッキなど施工もやってほしいのですが?

A .   エコウッドでは、お買い上げいただきました商品の施工も承っております。
お客様のお家に一番最適な施工を、適正価格にてご提供しております。ぜひご用命ください。
詳しくは→ ラティス・ウッドデッキ施工について

Q4  ラティス組み立て説明書を希望したいのですが、どうすればいいですか?

A .   エコウッドでは、支柱を使ってラティスを固定する際の設置マニュアルを無料にて差し上げております。
土中・ブロック・平地上にそれぞれ基礎金具を活用して、頑丈に見栄えよくラティスを取り付けるまでの全12ページの設置手順書となります♪
ご希望のお客様は、注文の際カート画面中ほどに自由記入欄がございますので、「マニュアル希望」とご記入ください。メールにて送付いたします。

また、取り付け中でもご不明な点などございましたら、いつでもご連絡ください。わかりやすくご説明いたします♪

ご注文についてのQ&A



Q1  注文は電話ですることも可能ですか?

A .   はい。お電話でのご注文も承っております。また、お電話のほかにもFAXでのご注文もご用意しております。なお、ご購入にクレジットカードをご利用される場合は、インターネットからのご注文のみとなっております。お客様の大切な情報が暗号化して送信されますので、お客様の情報が第三者から解読できないようにするためです。


Q2  注文内容の確認はどうすればいいですか?

A .   ご注文内容の確認については、ご注文していただいた直後に、エコウッドから送信される「自動送信メール」にて記載されております。
万が一、ご注文確認メールが届かない場合、システムの不具合もしくは、お客様メールアドレスの入力間違えの可能性がありますので、お手数ですが「お問合せフォーム」よりご連絡お願いいたします。
お問合せはこちら


Q3  配送の日付指定をすることはできますか?

A .   配送の日付指定は可能でございます。ご注文の際に、お届けご希望日を指定することができます。

※ご注文をいただいてから、最短発送可能日は2営業日後となります。
※運送会社の配送状況により、配送日が前後する場合もございますが、その際は改めてご連絡いたします。


Q4  注文をキャンセルすることは可能ですか?

A .   送料等でご納得いただけない場合など、ご注文後のキャンセルも可能でございます。
ご注文のキャンセル・変更については、お手数ですがお早めにメールもしくはお電話にてご連絡お願いいたします。


Q5  商品到着の日数や送料について詳しく知りたいのですが?

A .   ご注文からお届けまでの流れについては、
詳しくはこちらをご覧ください。→送料について


Q6  領収書や見積書って発行してもらえるのですか?

A .   領収書の発行は可能でございます。代金引換をご利用のお客様は、商品配送時に配送業者が発行した領収書をご利用くださいますようお願いいたします。

また、エコウッドでは見積書が必要な方のために、別紙にて御見積書をお届けしております。↓御見積書の例です。
お問い合わせページより詳細をご連絡いただき次第、FAX・メール・郵送のいずれにてお送りいたします。

御見積書


Q7  返品・交換について教えてください。

A .   返品・交換については、下記の通りになります。

(不良品の返品・交換の場合)
商品の品質には万全を期しておりますが、 万一、不良・破損・誤納品などがございましたら、メールもしくはお電話にてご連絡ください。当店のスタッフが迅速に対応いたします。

(お客様のご都合による返品・交換の場合)
返品・交換の場合、商品到着より、7日以内にメールもしくはお電話にてご連絡ください。返品の場合は、購入代金の全額をご返金させていただきます。
交換の場合は、代金の差額をご返金もしくはご請求を申し上げます。なお、商品の返送にかかる送料のみお客様のご負担でお願いしております。


お支払方法についてのQ&A



Q1  お支払い方法にはどのような種類がありますか?

A .   エコウッドでお取り扱いしているお支払方法は、「クレジットカード払い」「代金引換」「銀行振込」「郵便振替」をご用意しておりますので、お客様のお好きな方法でのお取引が可能となっております。



        


Q2  お支払い方法を変更することは可能ですか?

A .   お支払い方法の変更は可能でございます。その際は、お手数ですがお早めに、メールもしくはお電話にてご連絡くださいますようお願いいたします。 →お問合せはこちら


Q3  カード決済のセキュリティは問題ないですか?

A .   エコウッドのカード決済では、「あんしんクレジットカード決済システム」を導入しております。
詳しくは→あんしんクレジットカード決済システム

お客様の情報はSSL暗号化通信により、すべて暗号化されて保護されておりますので、安心してお買い物をお楽しみください。


人工木ラティスと樹脂ラティスの違い



Q1  人工木ラティスと樹脂ラティスの違いは何ですか?
1、共に材質は人工木なのに、なぜ人工木と樹脂ウッドの製品に分けてあるのでしょうか?
2、人工木ラティスの優れている点、樹脂ウッドラティスの優れている点を教えてください。
3、耐久性抜群とありますが、経年変化も含め、屋外使用での耐用年数は何年位でしょうか?


A .  1、共に材質は人工木なのに、なぜ人工木と樹脂ウッドの製品に分けてあるのでしょうか?

人工木ラティスと樹脂ラティスは、実は全く同じ素材で出来ています。表面を研磨して、木のような風合いを出したのを「人工木」と称し、研磨せずプラスチックのような押出成形したままの状態の商品を「樹脂ラティス」と称しています。どちらも素材は人工木となります。
   

「人工木ラティス」は表面を荒らしており木の感触を出していますが、「樹脂ラティス」は表面がプラスチックのようにツルッとしています。

一般に人工木は表面を荒らしているものであると認識されており、プラスチックにしか見えない「樹脂ラティス」を人工木と呼称しにくいからです。 つまり誤解を避けるためで、他に理由はありません。

但し色は同じではありません。人工木ラティスはチョコレートのような色をしていますが、樹脂ラティスは黄土色に近い色です。樹脂ラティスを人工木ラティスのように研磨すると、ベージュ色となります。
人工木の特徴や配合比率についてはこちら


A .  2、人工木ラティスの優れている点、樹脂ウッドラティスの優れている点を教えてください。

素材が持つ性能は同一ですから、双方の適否は性能と言うより見た目で判断されます。 天然木のような風合いを持つ「人工木ラティス」と、プラスチックのような「樹脂ラティス」ですから、使用される場所の状況で決定されると思います。なお、塗装をなさるのであれば、物理的とっかかりが多い「人工木ラティス」が優位ですね。
    


A .  3、耐久性抜群とありますが、経年変化も含め、屋外使用での耐用年数は何年位でしょうか?

「耐久性抜群」は、どうしても相対的な言い方になってしまいます。対する比較物は「天然木ラティス」となります。「天然木ラティス」は通常1年を過ぎると劣化が始まり、3年もすると黒ずんでしまいます。

環境によっては朽ち果てることもありますが、反面「人工木」は多少の経年色あせはあるものの、5年を過ぎても腐ってしまうことはありません。

少なくとも7年は持つことを確認されていますが、素材自体が7年前に作られたものであり、残念ながらこれ以上のデータがありません。

一方、「樹脂ラティス」も同素材ですので同じくらい持つものと思われますが、わずか半年前に製品化された商品ですので、長期の耐候性が確認されていません。半年間屋外テストされた商品がありますが、現時点では傷みは発生していません。ツヤについては経年変化があり、多少ツヤが引けている程度です。 以上になります。


人工木製品についてのQ&A



Q2  人工木ラティスや樹脂ラティスの取り付けは、釘や木ねじで木製と同様に可能ですか?また、取り付けは女性一人でもできますか?

A .   はい。人工木ラティスも樹脂ラティスも天然木と同じように釘やネジが使えます。また、取り付けについてですが、人工木ラティスを女性お一人で取り付けるのは大変だと思います。というのも、人工木ラティスは通常の天然木(杉材)ラティスに比べ、2倍ほど重いからです。下に置いた状態でなら特に問題は無いと思いますが、少し浮かせた形で取り付けようとした場合、その維持が難しいと思います。

人工木ラティスは天然木に比べ大変長持ちするため、ぜひともご使用願えればとは思いますが、その重量のために作業が滞ってしまうのでは無駄になってしまいます。せめて女性お2人くらいでしたら、片方がラティスを持って、片方が取り付けるということが出来そうですが、その辺はいかがでしょうか?

また何か疑問等がございましたらお気軽にご質問を頂ければと思います。 ではご検討よろしくお願い申し上げます。


Q3  人工木材の板材を使ってフェンスを作成できますか?また、屋外使用で耐久年数はどのくらい?

A .   人工木材の板材を使ってフェンスを作ることが出来ます。実際に作られた方も多くいらっしゃいます。フェンスに使用する場合の板版の厚さは、20ミリの商品が最適です。これだと柱の間隔を1200ミリ位まで広げることが出来ます。なかには、1800ミリをそのまま使用される方もおられます。
また、耐久性については、人工木材はラティスと同じ素材ですので、経年変化による多少の色あせは出ますが、5年経過時でも天然木と違いほとんど外観の変化は出ません。 10年経過だと、天然木ではほとんど朽ち果てますが、人工木は大きな劣化が出ません。
    


Q4  人工木のラティスポストに釘や木ねじが木材と同じ様に使えますか?

A .   人工木のポスト(1200ミリor2100ミリ)は、天然木と同じように釘やネジを使うことが出来ます。ただ、中空構造のためあまり長いネジは意味がありません。肉厚は8ミリ程度です。 なお、かなりの重量物を取り付ける場合は、ポストの反対側からボルトを通した方が安全です。


Q5  人工木ラティスは、カットすることや、ドリルで簡単に穴をあけることができますか?

A .   人工木は、手触りでは大変硬い感じがするのですが、切断や穴開けは簡単に行うことが出来ます。手ノコや手動ドリルでも比較的簡単に出来ます。ただ、端部などに穴開けをすると亀裂が入る場合もありますので、素材の真ん中を開けるなど注意が必要です。
エコウッドでは、お客様にぴったりなサイズで、人工木ラティスの寸法加工も行っております。→詳しくは


Q6  Uボルトを柱に貫通させた場合、柱の内部に雨などの水分が浸透してきますが、柱的に問題ないですか?

A .   人工木は、雨が当たり流れる分には問題はないのですが、水分が溜まったままになると膨潤する性質があります。膨潤すると曲がる危険性があります。そのため、穴を開けた場所に水がとどまる可能性があるときは必ずコーキング材でシールをお願いいたします。 ポストの最下部が水たまりに浸ってしまう場合も、同じく対策をお願い出来ればと思います。


天然木製品についてのQ&A



Q1  無着色の天然木ラティスは、吹きさらしの庭に置いておいても腐ったりしないものなのでしょうか?

A .   無着色シリーズは何も塗装をしていない生木の状態となっています。元来、お好きな色に塗装して頂くことを前提にした商品です。 生木ですから木の色そのもので、この風合いを楽しめれば良いのですが、吹きさらしの庭ということであれば、着色したラティス商品ほどは長く持ちません。3ヶ月を経過したあたりから黒いカビが生え始めます。

1年も経つと全体に黒カビに覆われた状態になると思われます。これはこれで風情があって良いという方もいらっしゃいますが、着色ものに比べ、ボロボロになるのも早いですから、やはり塗装は避けられないと思います。

生木の色をそのまま生かしたいのであれば、透明のニスが良いと思います。また、無着色ですから思い思いの色に塗ることも出来ます。その場合もホームセンターなどで「着色ステイン」などをお買い求め下さい。

もちろん、いわゆる「ペンキ」でも構いませんが、木目を覆ってしまうことがありますのでご注意下さい。ペンキの場合木部用の水性塗料が最適です。様々な色があるほか、透明なものもあります。
エコウッドでは、ラティスの塗装におすすめの木部用塗料も販売しておりますので、よろしければご検討ください。


Q2  他のお客様の声を見ると「木製ラティスはメンテナンスが面倒で…」とあったのですが、そうなのですか?

A .   天然木ラティスは、年に一度くらいは塗り替え・塗り増しなどをしていないと、5年くらいで朽ち果ててしまう場合があります。 つまり人工木製品の良さをお客様の方にてご説明いただいたみたいなものですね。

普通の着色ラティスは、長く持たせようとするなら時々塗る必要があります。 無着色であればなおさらですね。安いので、頻繁に取り替えるご意向があるなら話は別です。 以上になります。よろしくお願いいたします。


Q3  焼杉格子ラティスのメンテナンスにはどのような塗料を使えばよいか、おススメの塗料を教えてください。

A .   ラティスのメンテ用塗料として、まず、業界では大変有名な塗料があります。
「キシラデコール」といいます。http://www.xyladecor.jp/products/xyladecor.html

しかし、この塗料は「舶来品」で、少々高価なのが難点です。これ以外にも国産で良い塗料はございます。例えば
 ・通常の塗料とは異なり半透明に近いもの。
 ・エマルション(水性)であること。
という条件でホームセンターさんに行けば数種類はあると思います。 各塗料とも性能に大差はありませんから、
ご希望の色がある商品をお選びいただければ良いと思います。

ただお客様は焼杉ラティスですので、クリヤータイプをお選び頂くことになりますが、これもツヤ消し、ツヤありなどがありますのでどうかご注意下さい。以上になります。よろしくお願い申し上げます。


Q4  室内でルーバーラティスを使用したいと考えています。
・塗装してあるものと無塗装のものでは、やはり無塗装のほうが、体には影響ないですか?
・室内使用でも塗装しないと日光で劣化とかするのでしょうか?

A .   エコウッドの今福と申します。この度はお問い合わせを頂きましてありがとうございます。
ご質問に回答させて頂きます。

昨今の塗料には昔のように鉛やホルマリンを含んでいるものなど一切ありませんし、ふすまの桟や食卓テーブル、内装ドアなど家の中には塗装された商品がそれこそたくさんあると思いますのでご心配になることはないと思いますが、着色よりは無着色の方が塗装の影響が0%という点で安心ではないかと思います。

塗装をしていなければ、どういった環境であっても空気に触れている限り劣化は進みます。ただ、屋外では日光や雨風によりこれが顕著に進み、屋内では極めて進みにくいということです。

畳などもそうですが、日光が当たるところでは変色しますね。ラティスも無着色であれば、この程度と同じことは起こりえます。室内でご利用になるなら塗装の有無という点でやはり無着色が無難かと思います。

回答は以上でございます。ご検討よろしくお願い申し上げます。


ウッドデッキ製品についてのQ&A



Q1  通常のウッドデッキとかんたんデッキの違いについて教えてください。また、平均の所要時間は?

A .   通常のウッドデッキと「かんたんデッキ」の違いについてですが、通常のデッキは、大引、根太と呼ばれる床下の構造材が金属製で、全て1本ずつの棒状になっており、それを切断して、ドリルでねじ穴を開けて水平を取りながら組み立てていきます。
この部分が不慣れな方には大変難しいのですが、「かんたんデッキ」はこの構造材の枠組みが木製で、かつすでに四角に組み上がっています。組み上がったユニットを互いにネジ止めするだけで床下が完成します。

1、構造材が扱いやすい木製である。
2、金属の穴開けが不要。
3、枠組みをネジ止めするだけである。
4、パーツの切断加工が不要。

と、最も難しい構造材組立を簡素化したところから、「かんたんデッキ」としています。 日曜大工をなさる方なら1日で出来るでしょう。不慣れな方でも余裕を持って週末の2日あれば出来ると思います。ただしネジ止め箇所が多いので、手回しのドライバーでは難しいです。電動ドライバーか、インパクトドライバーが必要です。 また、簡単にできるとはいえ、全く経験がない方や女性の方には難しいかも知れません。

ただ、それでも自作に不安を持たれる方はいらっしゃいます。関東圏内であれば組立施工も承ることが出来ます。工賃はかんたんデッキであれば、4万円前後です。(土面の状態次第で若干変わります)
本格的なデッキだと工賃は10万円前後ですから、施工込みでもリーズナブルに仕上げることが出来ます。

  


Q2  すでに設置されているオープンデッキにラティスを取り付けることは可能ですか?
また、平地用金具でウッドデッキ上に固定(ビス等)しても問題ないでしょうか?

A .   デッキの上にフェンス代わりとしてラティスを立てて頂くこと自体は可能ですが、以下の2点にご注意をお願い致します。

■色の違い

同じ人工木でもメーカーにより色味は違うと思いますので、必要であればカットサンプルを拝見していただき、ご検討を頂ければと思います。  →人工木カットサンプルはこちら

■強度の確保

通常フェンスの設定があるデッキは、床下(床板の裏側)にフェンスを立てても大丈夫なように補強対策が施されています。

フェンスの支柱にかかる力を床板ではなく大引きなどの骨組みの方へ逃がすようにしている訳です。一方オープンフェンスの場合はその補強が行われていないことがほとんどです。

この辺につきましてはいかがでしょうか。この補強がないと、フェンスの支柱を床板だけで支えることになり、寄りかかったりすると床板が破損するばかりか寄りかかった人が怪我をする可能性もあります。

また、デッキ用のフェンスは、太い支柱や笠木、ラティス受けなどフェンスそのものが体重に耐えるようになっていますが、通常のラティスは枠が35ミリと細いため、せめて笠木(手すり)を付けるなどの取り付ける上での工夫も必要となります。

説明は以上となります。またご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。ではご検討よろしくお願い申し上げます。


その他製品やお店についてのQ&A



Q1  施工工事もして頂けるのでしょうか?見積もり頂けないでしょうか?条件面ございましたら教えてください。

A .   施工のお引き合いを賜りまして重ねてありがとうございます。施工のお見積に際して、最低必要な条件は「関東エリア」であることと、事前に現場を拝見できることです。

私どもの「関東エリア」とは、神奈川、東京、千葉、埼玉(群馬、栃木、茨城はお話の上)を指します。上記以外の地域では、残念ながら現在は行っておりません。

現場を拝見するのは、何より状況を把握するためですが、現地にて最適なご提案が出来るからでもあります。お見積は、お伺いする交通費も含めて無料となっていますので、お気軽にご用命下さい。 また、お見積後ご注文をされるかどうかも自由ですので、よろしくお願いいたします。

    


人工木製品の原材料、耐用年数、素材の色について



Q7  人工木製品の原材料、耐用年数、素材の色について教えてもらえますか?

1、人工木の原材料はどのような成分が含まれているのでしょうか?
2、高さを調整するのに、一部を土に埋めても腐らないでしょうか?
3、耐用年数は何年くらい期待できますか?
3、人工木製品自体は色を着色しているのでしょうか?


A .  1、人工木の原材料はどのような成分が含まれているのでしょうか?

人工木は、木粉とポリプロピレン樹脂(PP)を混ぜ合わせたものです。比率は「木粉:約55%+樹脂:約40%」で、ほかに顔料分、添加剤を含みます。顔料、添加剤とも通常の樹脂に含まれているものと同じものです。したがって、人工木とは広義には樹脂製品ということになります。

  


A .  2、高さを調整するのに、一部を土に埋めても腐らないでしょうか?

人工木は長い間水に浸けておくと膨潤する性質がありますので、雨水が流れる状況であれば問題ないのですが、土に埋めている部分に長期間水が溜まりっぱなしの状態ですと、樹脂自体が緩んできたり反りが発生する恐れがあります。


A .  3、耐用年数は何年くらい期待できますか?

人工木の耐用は15年程度といわれています。土に触れる部分の状況により大きく変化しますが、8年経過時点では何ら異常は発生していませんので、このくらいは持つとお考えいただければと思います。


A .  4、人工木製品自体は色を着色しているのでしょうか?

人工木は樹脂自体が着色されていますから、仮に削ったり切ったりしても同じ色が現れます。
以上になります。ご検討よろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。




Q8  ラティスポストを使用して、人工木材をフェンスみたいに立てる時、下が土の場合とコンクリートの場合は、ほかに止め具等が必要ですか?


A .  ラティスポストを立てる際には、一般的には金具が必要となります。

■ 土面に立てる場合は、「土中用ポール固定金具60ミリ用」を使います。
使用金具 → http://www.lattice-shop.jp/SHOP/aks-35410.html
施工例です → http://www.lattice-shop.jp/hpgen/HPB/entries/72.html

■ コンクリート面に立てる際は「平地用ポール固定金具」となります。
使用金具 → http://www.lattice-shop.jp/SHOP/35403.html
施工例です → http://www.lattice-shop.jp/hpgen/HPB/entries/79.html

土面の場合は、木づちなどで強く叩き込む必要があり、コンクリート面の場合は、ネジの代わりに「コンクリートアンカー」という特殊なネジを使います。(ホームセンターさんにございます。)

また、注意点としましては、1800ミリの長さの人工木材を使用される場合、ポストを1800ミリ間隔でそのまま人工木材を横に貼ると、木材がしなってしまうため、強風時ポストが支え切れない恐れがあります。
この場合、ポストを3本立てて、1800ミリの人工木材を半分に切り、900ミリピッチ(間隔)で取り付けていただければ安心です。

以上でございます。よろしくお願い申し上げます。



Q9  人工木材はペンキ塗れるのですか?ペンキがはがれやすいとかありますか?


A .  お問い合わせありがとうございます。

■ 人工木の塗装についてですが、実際にお客様が塗装されたケースがございます。
↓↓↓
http://www.lattice-shop.jp/hpgen/HPB/entries/83.html

半年経過して、特に問題は発生していないようですが、人工木は樹脂にポリプロピレン(PP)を使用しており、基本的には塗料が科学的密着はしません。従って私どもとしてはお勧めしておりません。

ただし、人工木は木の風合いを出すため表面を研磨加工しているため、塗料の「のり」がよく、物理的に密着しているものと思われます。

本来なら塗装しても剥がれやすいはずなのですが、写真のように実際には塗装されている方が結構おられることを考えると、特に問題ないのかもしれません。

歯切れが悪いのですが、立場上こういう言い方となってしまいます。申し訳ございません。

もしお時間がございましたら、人工木の無料サンプルを実際に塗装し、ご検討されてみてはいかがでしょうか。
どうかよろしくお願い申し上げます。



Q10  人工木のラティスですが、自分でカットして大きさを調整することは可能ですか?また、土中用金具を地中に埋め込む部分の長さはどのくらいでしょうか?


A .  いわゆる寸詰めといいますが、人工木ラティスのカットは可能です。まず枠のねじを外してから、枠と格子をカットし、再度はめ直すといった流れになります。サイズによっては、角度調整が多少難しいですが、人工木は手ノコでも比較的簡単にカットすることができます。
もしご不安な場合、当店でもラティスカットを承っておりますので、ご用命いただければと思います。
詳しくは→http://www.lattice-shop.jp/SHOP/order-made001.html

また、土中用ポール固定金具を地中に埋め込む部分の長さは、埋め込みの深さは約350ミリとなっており、ポストを固定するためのネジも添付されております。

ではご検討よろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。



Q11  ベランダの手摺りに人工木ラティス1590を目隠しとして付けたいのですが、耐えられる重さか心配です。ちなみに人工木と樹脂製とでは重さが違うのでしょうか?ご回答をお願い致します。


A .  お問い合わせありがとうございます。
「人工木ラティス 1590ベージュ」の重量ですが、約7kgございます。

私どもで表記している「人工木」「樹脂製」は、いずれも人工木製となっております。成型したままのツルツルしたものを樹脂製と呼び、表面を研磨して木の風合いを出したものを人工木と呼称しています。したがって人工木と樹脂製は同じ重量となります。

私どものホームページ内に、お客様宅での設置写真のコーナーがありますが、いくつかはベランダへ人工木ラティスを設置しています。
ベランダへの設置例です→http://www.lattice-shop.jp/hpgen/HPB/entries/76.html

通常、人がもたれても安全なフェンス(手摺り)ですから、ラティスくらいでは問題は無いと考えます。 設置の方法として簡単且つ確実なのは、結束バンドで留める方法です。これだと作業も楽に出来ると思います。

ただ、人工木ラティスを女性お一人で取り付けるのはやはり重いこともあり難航するかも知れません。男性お一人か女性でもお二人いれば大丈夫だと思います。

ではご検討よろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。



Q12  人工木ラティスを支柱との間に横にして付けたいのですが、耐久的に問題ないでしょうか?ご回答よろしくお願いします。


A .  お問い合わせありがとうございます。

1200×900程度の横向きでしたらさして問題は出ませんが、1500×900、あるいは1800×900のラティスを横長に取り付けをするということは、支柱間のピッチが長くなるため、あまりお勧めしておりません。
強風時にラティスが支柱から外れてしまう恐れがあるからです。特に台風時には危険が伴う場合もあります。
ただし以下の対策を施して頂くことにより可能となる場合がございます。

■支柱間の中間にもう1本支柱を立てて、ラティスの中間部に固定します。
事実上900ミリピッチとして頂くことになります。

■ラティスの下側に、支柱用の人工木ポストを支柱間に横向きに取り付け、
その上にラティスを乗せるように取り付けます。ラティスと横向きの支柱はビス等で固定します。
具体的な設置例は→http://www.lattice-shop.jp/hpgen/HPB/entries/89.html

このようにしていただけることで、ラティスがより安定しますので、1800×900を横向きに取り付けされる場合は、補強されることをおすすめしております。

以上になります。ご検討よろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。



Q14  60角の人工木の柱で8mmの人工木の板を支える事は出来るでしょうか?もう少し太い柱でないと、支えれないでしょうか?


A .  お問い合わせありがとうございます。フェンスの製作についてですが、私どものホームページ内で紹介させて頂いているフェンスは、60角の人工木ポストに8mmの人工木の板を貼り付けています。
http://www.lattice-shop.jp/hpgen/HPB/entries/146.html

【重要】ただしポストのピッチ(ポストの間隔)は900ミリ以下にしています。これは、8ミリと薄いために、これ以上広く取るとしなりが出てきてしまうからです。

従ってピッチは900ミリ以下で設計をお願いできればと思います。

【重要】60角の人工木ポストは中空(板厚=8ミリ程度)ですから、板材を取り付ける際にビスが効きにくくなる恐れがあります。このため、芯棒として約40ミリ角の板の棒材を入れています。

以上になります。ではご検討よろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。


レッドシダーと人工木の耐久性の違い、結束バンドの必要本数

Q13  レッドシダーと人工木の耐久性の違いを教えてください。また、ラティスをメッシュフェンスに結束バンドで止める場合、10枚取り付けるのに何本必要か教えてください。


A .  エコウッドの今福と申します。お問い合わせありがとうございます。ご質問にお答え致します。

■ レッドシダーと人工木の耐久性の違い

レッドシダーはカビが生えにくい、劣化しにくいなど通常の杉材に比べ耐久性において優れているのが特徴です。一方、人工木はポリプロピレンという樹脂に木粉を混ぜ合わせた、いわば樹脂(ブラスチック)製品です。
天然の木は、自然に帰ろうとする力が働くため徐々に風化作用により形をなくしていきますが、プラスチックはその力がブロックされています。このことからだけでも耐久性には明らかな差が出ます。

    

レッドシダーは生木の状態で塗装などをしていませんので、何もメンテナンスをしなければ、環境にもよりますが、3〜4年も経過するとカビが生え始めます。さらにそのまま放置すれば6〜7年で朽ち始めることでしょう。虫が付くこともあり得ます。

人工木は樹脂製品であり、素材自体が着色されているため、塗料がはげ落ちると言うことがなく、虫も付きません。多少表面のつやが劣化するものの、カビが生えたり朽ちることはありません。特にメンテナンスをしなくても10年以上にわたって原型を維持します。

■ 結束バンド(インシュロック)の必要本数

メッシュフェンスのみに依存する場合は、ラティス1枚に付き四隅に4本が目安となります。10枚ですと、単純に40本と言うことになりますが、実際にはラティスの連結部分は共用できますから、ラティスを連続して設置する場合は22本でも良いかも知れません。
なお、結束バンドは「インシュロック」が有名ですが、ホームセンターさんでお買いになるときは、その中でも、耐候性タイプをお買い求め下さい。100円ショップの結束バンドは2ヶ月で切れてしまったという話もありますので、お勧めできません。



回答は以上となります。ではご検討よろしくお願い申し上げます。この度はありがとうございました。

商品倉庫の休憩所

『 商品倉庫を模様替えしました☆ 』

デッキ組み立て風景

『 デッキの組み立て風景です♪ 』

商品を並べた風景

『 商品はラックに並べています☆ 』

商品の荷造り写真

『 出荷商品の荷造り風景です♪ 』

倉庫内のハンギング

『 お花もハンギングされています☆ 』