ラティス・フェンス施工例【エコウッドのある風景】

No460 【お庭の景観と装飾を目的とした人工木目隠しフェンス(DB)設置例】

埼玉県にお住いのT様邸にて、お庭の周囲にダークブラウン色の人工木フェンスを設置させていただきました♪

Before ↓『下記は設置前の写真です。お庭の周りには木製のルーバーが括られていましたが、今回、人工木による目隠しフェンス設置として当店にご相談をいただきました。』

設置前のお庭

↓『私どもでは下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。周囲を囲むようにコの字型で設置を行っていきます。全体の高さは約180センチとなります。』

設置イメージ図

After↓『まずは基礎の設置からスタートしています。一部ブロックが斜めになっている箇所がありましが、ブロックに沿ってうまく処理していきたいと思います♪』

土中用金具の設置風景

↓『人工木ポストを立てているところです。このあとは人工木材を各支柱に貼り付けていくことになります♪』

人工木ポストが設置されました。

↓『端部より板材の設置を行っています。ここは直角に折れてL型にフェンスが付く場所ですので、板材は支柱とツラ合わせをしています♪』

人工木材の貼り付けスタート

↓『縦目に沿ってフェンスがきれいに揃いました。このままL型に板材を貼り付けていきます♪』

下段まで板材が設置されました。

↓『角の納まりを拡大しました。正面と側面の板材が一本の支柱で固定されており、強度を高める方法としてご参考にしていただければと思います♪』

角部の板材納まり参考例



↓『続いて長手方向もフェンスを連結しながら仕上げていきます。施工日はこどもの日が近く、大きな鯉のぼりが飾られていました。なんだか温かい気持ちになります♪』

長手方向への連結

↓『3分の2ほど貼り進んだところです。正面に見えていた窓はほぼ見えなくなりました。 お隣からでもとくに見ようとしない限り、こちら側を見ることはできなくなったと思います♪』

正面側の窓はほぼ目隠しされました。

↓『こちらは反対側の端部です。ここも板材の寸法を調整しながらL型に全体をきれいに納めていきます♪』

反対側のL型フェンスを納めていきます。

↓『板材の貼り付けが完了し、コの字型で人工木フェンスがほぼ完成しました。このあとは控えを等間隔に設置し、基礎を固めて仕上げに向かいます♪』

人工木材の貼り付け完了

↓『少し見づらいですが、基礎周りにはモルタルが流し込まれました。モルタルを流す量の目安としては、土の硬さにも影響されますが25キロのモルタルで約2箇所の基礎を固めることができます♪』

基礎周りのモルタル流し込み

↓『お庭周囲への人工木フェンスが完成し、お隣さんとの境界部分もしっかりと目隠しされたプライベードな空間が出来上がりました♪ ダークブラウン色のフェンスはアッシュ系の色合いで、落ち着いた雰囲気に仕上がるのが特徴です。』

ダークブラウン色の人工木目隠しフェンスが完成!



T様、この度は誠にありがとうございましたm(_ _)m またご不明な点、不都合などございましたら、いつでもご連絡くださいませ。

上記お写真の商品一覧になります。↓↓↓

No459 【天然木ラティスから人工木横張りフェンス(BR)へのお取り替え設置例】

千葉県にお住いのM様邸にて、既存ラティスを撤去し新しく人工木ボーダーフェンスを設置させていただきました♪

Before ↓『下記は設置前の写真です。お庭の周りには木製のラティスが設置されていましたが、経年変化により痛みが出てきたため、今回メンテナンスのいらないフェンス設置のご相談をいただきました。』

設置前のお庭

↓『当店では下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。図面のようにラティスが設置されている場所をすべて人工木フェンスに取り替えていきます。』

設置イメージ図

After↓『まずはラティスが撤去されたところに基礎となる固定金具を設置しているところです。ブロック幅は15センチでしたので、金具も15センチ用のものを使用しています♪』

ブロック固定金具の設置

↓『人工木ポストが設置されました。高さは全体を統一する形で約90センチとなっています♪』

人工木ポストが設置されました。

↓『端部より人工木材を貼り付けています。こちらでは板材の隙間は15ミリ間隔にて、縦に7段を設置しています♪ 角部がいくつかありますので、寸法を調整しながら全体幅を納めていきます。』

人工木材の貼り付けスタート

↓『角部ができたところです。ブロック金具を使用する場合、角は2本の支柱が立つことから、板材を支柱から少し張りださせるような形で合わせていきます♪ これで隙間が埋まります。』

角部の納め方参考例

↓『どんどん進めていきます。板材の化粧面は道路側に向けています。環境によって化粧面は変わってきますが、今回のように道路際にフェンスを立てる場合などは板を外側に見せた方が見栄えがよいと思います♪』

板材の化粧面は外側に向けています。

↓『だいぶ仕上がってきました。15ミリ間隔の隙間ですので、風通しもある程度は確保できています♪』

人工木材の隙間は15ミリで設置してます。

↓『ボーダーの板材を少し拡大して撮影してみました。表面は独特な研磨が施されており、木の風合いが楽しめるものとなっています♪』

板材の拡大写真

↓『こちらは元々付いていた人工木ラティスを付け替えました。門扉は片側吊りになるケースが多く、あまりワイドを出すと傾きの原因となってしまうのですが、下部にキャスターが付いているので観音開きが実現できています♪』

門扉の取り付け

↓『すべての板材を貼り終えて、ブラウン色の人工木フェンスが完成しました。 格子タイプからボーダーへと変わりましたが、見栄えも良くすっきりとしたように感じます♪』

ブラウン色の人工木フェンスが完成!

↓『お庭側は写真のようになっています。少し高台ということもありますが、この位置からは通りを歩く方の目線は程よく遮られると思います♪』

お庭側からの風景



↓『こちらは駐車場側ですが、出入りできるように1箇所門扉を設置しています。正面の門扉と違って片側吊りとなるため、ワイドは少し狭く約60センチとしています♪』

駐車場側の門扉

↓『これで駐車場からの出入りも可能となりました。 天然木ラティスから人工木へと変わりましたが、これまでのような経年劣化がきわめて少なくなるため、いつまでも出来たときの状態を維持していくと思います♪』

施工完了

M様、この度は誠にありがとうございましたm(_ _)m またご不明な点、不都合などございましたら、いつでもご連絡くださいませ。

上記お写真の商品一覧になります。↓↓↓

No458 【新築のお宅に設置した人工木目隠しフェンス(WH)&人工木枕木(BL)】

千葉県にお住いのH様邸にて、新築お庭の外構として人工木目隠しフェンスと人工木枕木を設置させていただきました♪

Before ↓『下記は設置前の写真です。まだご入居前でしたが、お庭全面のフェンス設置と道路際の枕木設置として、今回私どもにご相談をいただきました。』

設置前のお庭

↓『当店では下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。お庭側はコの字型で人工木フェンスを設置していくものです。また、枕木の方は約3.6mの有効幅に14本の人工木枕木を設置していきます。』

設置イメージ図



After↓『さっそく枕木の設置からスタートしています。土間部分に立てていくため、型枠を組んで枕木を均等に並べているところです♪』

人工木枕木の設置スタート

↓『デザインは写真のような形になります。枕木の高低差は約10センチ、枕木同士の間隔も約10センチとなっています。 準備が整ったら足回りにモルタルを流し込んで固めていきます♪』

枕木デザイン

↓『道路際への人工木枕木が完成しました。 家屋前のアクセントとして意匠性の高さがよく出ているように感じます。 程よい仕切りが出来たことで、駐車スペースとは別の空間が一つ生まれました♪』

人工木枕木の完成

↓『足下部分を拡大しました。地中はすでにモルタルで頑丈に固まっており、表面にはピンク系の砂利を撒いて仕上げています。 ソーラーライトも埋め込まれているため、夜になるとライトアップします♪』

足下はライトアップされます。

↓『家屋は濃いめの外壁でしたので、ブラック色の枕木とも統一感があるように思います♪』



↓『続いて人工木フェンスの設置に取り掛かります。 まずは基礎として当店の土中用金具を埋め込む作業を行っているところです♪』

人工木フェンスの設置スタート

↓『角部よりフェンスの設置が始まりました。縦に15段、板材の隙間は10ミリ間隔で約180センチの高さとなります。角が出来てしまえば後は横方向に連結してフェンスを伸ばしていきます♪』

角部が出来上がりました。

↓『正面の1スパンを残して、人工木材の貼り付け作業はほぼ完了しました。だんだんと完成イメージに近づいてきました♪ 』

人工木材の貼り付けはほぼ終了

↓『角の部分を拡大して撮影してみました。隣家側は内貼りにてフェンスを設置し、正面側は道路から見える部分ですので、化粧面を外側に向けて設置を行っています♪』

内貼りと外張りを分けて設置しています。

↓『板材を貼り終える前にお庭の中を施工しているところです。このあと人工芝を敷くのですが、雨が降るとお庭が水たまりになってしまうとのことで、暗渠排水で水はけを良くしています♪』

水はけを良くする暗渠排水

↓『残りの板材も貼り付けを行って仕上げていきます。下穴を開けてビス打ちをしているところです♪』

残りの板材ビス打ち風景

↓『ホワイト色の人工木フェンスが完成しました。 コの字型で、長手方向は約9m、短手方向は3.6m×2.7m仕様となっています♪』

ホワイト色の人工木フェンスが完成!

↓『お庭の中を仕上げていきます。フェンス側には強風対策の控えも取り付けられました。最後に人工芝を敷いていきます♪』

人工芝の設置

↓『白いフェンスと緑の人工芝で、爽やかな印象のお庭が出来上がりました♪』

白いフェンスと人工芝が出来上がり

↓『完成時の全景です。前面には枕木で重厚な雰囲気を演出し、お庭周りは白いフェンスで爽やかさを出した設置となりました。

お客様のご要望に沿った形での施工となりましたが、こうして全体を離れて見ると、ずっと眺めていたくなるような良い雰囲気に仕上げることができ、たいへんお喜びいただくことができました♪』



人工木フェンスと人工木枕木が完成しました!

↓『最後に夜のライトアップした写真をいくつかご紹介いたします。フェンスの隙間からうっすらと光が漏れて、日中とはまた違った魅力を醸し出しています♪』

フェンスのライトアップ



H様、この度は誠にありがとうございましたm(_ _)m またご不明な点、不都合などございましたら、いつでもご連絡くださいませ。

上記お写真の商品一覧になります。↓↓↓

No457 【お庭の周囲に設置したホワイト色の人工木ラティスフェンス設置例】

埼玉県にお住いのN様邸にて、お庭の周囲にホワイト色の人工木ラティスフェンスを設置させていただきました♪

Before ↓『下記は設置前の写真です。新築のお宅で、お庭はブロック塀で囲まれたオープン外構となっていました。今回こちらの周囲を程よく目隠しするために人工木ラティス設置のご相談をいただきました。』

設置前のお庭

↓『当店では下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。コの字型でラティスを設置していき、一部出入り目的として空間をあけた仕様となっています。』

設置イメージ図



After↓『設置が始まりました。土中用金具の埋め込み → 人工木ラティスポストの設置 → ポール固定ラティス金具の設置までが完了したところです♪ このあとはポストの間にラティスをビス止めして取り付けていきます。』

人工木ラティスの施工風景

↓『人工木ラティスフェンスが完成しました。すでに基礎周りにはモルタルも流し込まれており、頑丈な仕上がりとなっています♪』

人工木ラティスフェンス完成!

↓『正面から撮影してみました。格子タイプとはいえ遠目からは中が適度に目隠しされるため、完全な目隠しが必要ない場合には人工木ラティスは最適なアイテムではないかと思います♪』

程よい目隠しの格子タイプ



↓『お庭の一角は斜めになっていましたが、ラティスの固定に蝶番を使用することで、ブロックに沿った形で通りをきっちりと納めています♪』

斜めの箇所は蝶番を使用して納めています。

↓『内側から撮影してみました。蝶番は上下2箇所に設置を行っていますが、さらに高さのあるラティスを設置する場合は、3箇所に蝶番を使用するなどで強度を高めていきます♪』

お庭側から見た仕上がり風景

↓『入り口側は空間を90センチほど空けているため、お庭への出入りも容易に行うことができます。 程よい目隠し効果に加えて爽やかなホワイト色がお宅ともよく調和し、新築での生活も充実感がさらにアップするのではないでしょうか♪』

入口側は空間を空けた出入り自由です。



N様、この度は誠にありがとうございましたm(_ _)m またご不明な点、不都合などございましたら、いつでもご連絡くださいませ。

上記お写真の商品一覧になります。↓↓↓

No456 【オープン外構のお庭周りに設置した人工木ボーダーフェンス(DB)】

埼玉県にお住いのS様邸にて、お庭周囲に人工木ボーダーフェンスを設置させていただきました♪

Before ↓『下記は設置前の写真です。最近はオープン外構のお宅が多く、広々と感じてメリットも多い反面、境界が低いことで不安に感じるという話をよく耳にします。今回は写真にある隣地との境界に沿ってボーダーフェンスを設置していくものです。』

設置前のお庭

↓『当店では下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。L型仕様の横張りフェンスで、高さは圧迫感を抑えて約160センチ程度としています。』

設置イメージ図


After↓『さっそく工事を進めていますが、すでに支柱の設置から板材を貼り付けているところです。外からの見栄えを良くするため、板材の化粧面は外側に向けて設置を行っています♪』

人工木材の設置風景

↓『内側から撮影してみました。まだ周囲は丸見えの状態ですが、これからだんだんとお庭が目隠しされていきます♪』

内側から撮影した途中経過

↓『下段まで板材を貼り終えて、ダークブラウン色の人工木フェンスがほぼ完成しました。 板材の隙間は10ミリで設置しており、こちら側からはお庭の中の様子がほとんど見えなくなっています♪』

ダークブラウン色の人工木フェンスが完成!

↓『内側を覗いてみます。見事にプライベート感のあるお庭となっており、周囲を気にせずにお過ごしいただけるような環境が出来上がりました♪』

お庭側から見た仕上がり風景

↓『長手方向は横に3列の板材を設置することで、約5.4mの仕上がりとなっています♪』

長手方向の仕上がり風景

↓『最後は強風対策の控えを端部に設置して、基礎をセメントでがっちりと固めて硬化を待ちます。 夕方で少し写真が薄暗くなってしまいましたが、実際の仕上がり風景はとても素敵な光景が広がっています♪』



↓『離れた場所から全景を撮影しました。高さの方も圧迫感のないちょうど良い高さではないかと思います。
オープン外構での人工木フェンス設置となりましたが、家屋との色合いもよくマッチしており、落ち着いた感じに出来上がりました♪』

全景を撮影しました。

S様、この度は誠にありがとうございましたm(_ _)m またご不明な点、不都合などございましたら、いつでもご連絡くださいませ。

上記お写真の商品一覧になります。↓↓↓

No455 【お庭周囲に設置した人工木ボーダーフェンス(ベージュ色)】

神奈川県にお住いのS様邸にて、お庭の周囲にベージュ色の人工木横張りフェンス設置させていただきました♪

Before ↓『下記は設置前の写真ですが、お庭を全面的に囲むように人工木フェンス設置のご相談をいただきました。』

設置前のお庭

↓『当店では下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。お客様のご希望に沿って正面側と側面側の高さを変えるようにコの字型で設置を行うものです。』

設置イメージ図

After↓『さっそく設置が始まりました。まずは側面側からスタートしています。基礎となる土中用金具を等間隔で埋め込んでいきます♪』

土中用金具の設置風景

↓『ズラリと人工木ポストが立ち並びました。全体の高さは約150センチとなっています。 こちら側は景観を目的として、圧迫感の出ないよう高さを抑えつつお洒落に演出していきます♪』

高さ150センチにて人工木ポストを設置

↓『人工木材のビス止め作業を行っています。 縦に12段のフェンスを下段まで設置しており、爽やかなベージュ色でお庭が囲まれてきました♪』

人工木材の貼り付けスタート

↓『作業工程は一気に進み、人工木材の設置が完了したところです。側面は一直線に約13mの横張りフェンスで圧巻の光景です♪』

幅13mにて人工木材の貼り付けが完了しました。

↓『人工木材を拡大してみました。 当店の板材は自然な風合いの木目に加えて角をあえてR加工しており、お庭の背景として見た目の柔らかさを演出してくれます♪』

ベージュ色の人工木材を拡大しました。

↓『こちらは勝手口の前になります。 アジサイのきれいな花色とベージュ色のフェンスが良くマッチしている一枚です♪』

アジサイと人工木フェンスの写真

↓『こちらは反対側の側面ですが、同じように高さ150センチで一直線に設置されました♪』



↓『正面側に回ってみました。こちらは隣家との程よい目隠しも兼ねて、高さは180センチとしています。板材の隙間も10ミリですので、目隠し効果としては十分ですね♪』

正面側は高さ180センチで設置しています。

↓『万が一の強風に備えて控え柱も設置しています。少々の風ではビクともしない仕上がりとなっています。
お庭周囲への人工木フェンスが完成し、お隣さんとの境界部分もしっかりと目隠しされたプライベードな空間が出来上がりました♪』

ベージュ色の人工木フェンスが完成しました!

↓『こちらではウッドデッキも設置しており、リビング前に3.6m×0.9mのオープンデッキ仕様となっています♪』

3.6m×0.9mのオープンデッキ

↓『施工が完了しました。フェンスにデッキとすべて人工木製ですので、末永くお使いいただくことができます。
ハンギングも可能ですので、これからさらに設置したフェンスがお庭の良い背景になってくれることと思います♪』

施工完了!

S様、この度は誠にありがとうございましたm(_ _)m またご不明な点、不都合などございましたら、いつでもご連絡くださいませ。

上記お写真の商品一覧になります。↓↓↓

No454 【お庭の装飾と目隠しに設置した人工木ボーダーフェンス(BR)】

埼玉県にお住いのS様邸にて、お庭の周囲に人工木横張りフェンス設置させていただきました♪

Before ↓『下記は設置前の写真です。お庭には既存フェンスに木製のボーダーが括られていましたが、高さをもう少し出して程よく目隠ししたいとのことで、人工木フェンス設置のご相談をいただきました。』

設置前のお庭

↓『当店では下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。周囲を囲むようにL型でフェンスを設置するものです。高さは約175センチとなるため、強風対策の控えも取り付けて頑丈に仕上げていきます。』

設置イメージ図

After↓『まずは人工木ポストが設置されたところです。頂点をきっちり揃えており、ポストが整然と並んでいます。 次は板材の貼り付け作業へと進みます♪』

人工木ポストが設置されました。

↓『上下2箇所にビス止めをしながら、下段に向かって人工木材の貼り付けを行っているところです。ビス打ち前には下穴を空けますが、当店のカラービスを使用する場合は3.8mm程度の下穴が最適です♪』

板材のビス止め風景

↓『1列目が出来上がりました。今回は120mm幅の板材を使用しており、縦に11段の横張りフェンスとなっています♪』

縦に11段のフェンスが貼られています。

↓『板材を拡大してみました。人工木製ではありますが、本物の木と見間違えてしまうような風合いです♪』

人工木材を拡大しました。

↓『倉庫の裏側まで板材が設置されました。設置前と比べると目隠し効果がたいへんよく出ていると思います♪』

倉庫の裏側までフェンスを設置


↓『最後は控えを設置して基礎周りをモルタルで頑丈に固めたら、人工木フェンスの完成です。暖かみのあるきれいなフェンスが出来上がりました♪』

控えの設置から基礎周りのモルタル固定

↓『道路側に回って撮影してみました。こちらからは最早お庭の中を見通すことはできません。プライベート感がたいへんよく出ていると思います♪』

道路側から見た仕上がり風景

↓『別の角度になります。目隠し効果による安心感に加えて、落ち着いたブラウン色のフェンスが全面に設置されたことで、お庭の中で快適にお過ごしいただけるのではないでしょうか♪』

人工木ボーダーフェンスの完成!

S様、この度は誠にありがとうございましたm(_ _)m またご不明な点、不都合などございましたら、いつでもご連絡くださいませ。

上記お写真の商品一覧になります。↓↓↓

No453 【お庭への人工木目隠しフェンス(BL)と人工木ウッドデッキ設置例】

東京都にお住いのK様邸にて、お庭に人工木フェンスと人工木デッキを設置させていただきました♪

Before ↓『下記は設置前の写真です。お庭はアルミフェンスで囲まれていますが、旗竿地ということもありちょっと人目が気になる環境になっていました。 そこで今回人工木による目隠しフェンスとデッキ設置のご相談をいただきました。』

設置前のお庭

↓『イメージ図になります。境界に沿ってコの字型に人工木フェンスを立て、リビング前には人工木デッキを設置するものです。』

設置イメージ図


After↓『まずは当店の土中用金具の設置からスタートしています。水平器を載せて隣との高さを正確に合わせているところです。 この長尺の水平器は間隔が広い場所などにたいへん役に立つのでおすすめです♪』

土中用金具の設置

↓『人工木ポストが設置されました。今回、フェンスのカラーはブラック色をご採用いただきました♪』

黒色の人工木ポストが設置されました。

↓『端部より人工木材の貼り付けが始まりました。板と板の隙間については、10ミリ間隔としています♪』

板材の隙間は10ミリとしています。

↓『下段を空けて縦に12段の板材が設置されました。ご覧のとおり向こう側はほとんど見えなくなっています♪

板材の隙間の目安については、例えば近くを人が通る環境の場合は10ミリ、少し離れた場所に人が通る環境の場合は15ミリ、目隠し重視ではなく、装飾目的などで風通しを確保する場合は20ミリ以上など環境によって自由に設定することができますので、ご参考にしていただければと思います。』

板材の隙間の目安

↓『リビング前には人工木ウッドデッキが設置されました。茶系のデッキと黒系のフェンスの組み合わせが、とてもお洒落な雰囲気を感じさせてくれます♪』

人工木デッキの設置

↓『コの字型で少しフェンスの空間を空けているため、デッキから外へ出入りすることもできる仕様となっています♪』

コの字型仕様の人工木フェンス

↓『全景を撮影してみました。こうして見るととてもプライベートな空間が広がっているように思います。テーブルや椅子なども置いてゆったり寛げる環境が出来上がりました♪』

全景を撮影しました。


↓『最後に反対側から撮影してみました。お客様のご要望通りの色合いでオシャレ度を上げつつ、隣接している家からの目を気にすることなく過ごせるお庭に仕上げることができました♪』

人工木フェンスとデッキの完成!

K様、この度は誠にありがとうございましたm(_ _)m またご不明な点、不都合などございましたら、いつでもご連絡くださいませ。

上記お写真の商品一覧になります。↓↓↓

No452 【お庭をリニューアルした人工木フェンス(DB)と人工芝設置例】

千葉県にお住いのW様邸にて、お庭のリニューアルとして人工木フェンスと人工芝を設置させていただきました♪

Before ↓『下記は設置前の写真です。木製のフェンスや枕木が設置されていますが、経年変化により劣化が激しくなっており、今回こちらをすべて撤去してお庭をリニューアルしたいとのご相談をいただきました。』

設置前のお庭

↓『当店では下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。フェンスはL型に約5.4×3.6mにて設置していき、人工芝を敷いてお庭をリニューアルしていきます。』

設置イメージ図



After↓『まずは古くなったフェンスや枕木などをすべて撤去したところです。お庭がすっきりとしました♪』

木製のフェンスや枕木を撤去しました。

↓『整地したあとに防草シートを敷き詰め、人工木フェンスを設置しています。全体の高さは約160センチほどになります♪』

防草シートの設置

↓『ダークブラウン色の人工木フェンスが出来上がりました。板材の間隔は15ミリとしましたが、周囲からの程よい目隠しとして十分な仕上がりかと思います♪ この後は人工芝の設置へと進みます。』

人工木フェンスの仕上がり風景

↓『人工芝もきれいに敷き詰められて、だんだんと完成イメージに近づいてきましたね♪』

人工芝の設置風景

↓『人工木フェンスの角部を拡大しました。L型仕様の場合、一本の支柱で写真のように板材を納めることで強度を高めることができます♪』

フェンスの角部の納め方参考例

↓『最後は家屋側の端部になります。こちらもフェンスをぎりぎりまで設置しており、隣地からの程よい目隠し対策も万全です♪』

端部のフェンス設置箇所

↓『裏側から撮影してみました。支柱は間隔と高さ、取付位置をきれいに一直線になるように設置されています。 支柱がずれてしまうと板材を張り付けた時に凸凹になってしまいますので、支柱の設置はもっとも神経を使う作業工程となります♪』

背面から見たお庭の風景

↓『板材を拡大しました。木の風合いがまるで天然木のようですが、人工木製となっています。腐りません♪』

人工木材の拡大写真

↓『施工が完了しました。人工木フェンスに人工芝とご要望に添った形での設置となりましたが、設置前と比べるとお庭のイメージが一新し、お客様にたいへんお喜びいただくことができました♪ 人工木製ですので、これまでのように朽ちることなく末永く維持してくれるものと思います。』

人工木フェンスと人工芝の施工完了!


W様、この度は誠にありがとうございましたm(_ _)m またご不明な点、不都合などございましたら、いつでもご連絡くださいませ。

上記お写真の商品一覧になります。↓↓↓

No451 【天然木ラティスから人工木フェンス(DB)へのお取り替え設置例】

埼玉県にお住いのM様邸にて、天然木ラティスから人工木ボーダーフェンスをお取り替えさせていただきました♪

Before ↓『下記は設置前の写真です。お庭の周囲に天然木のラティスが設置されていましたが、経年により痛みが強くなってきたことから、人工木フェンスへのお取り替えのご相談をいただきました。』

設置前のお庭

↓『当店では下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。基本的には既存と同じ形で、人工木フェンスを設置していく仕様となります。』

設置イメージ図


After↓『まずは既存ラティスを撤去した場所に人工木ポストが設置されました。全体の高さは約170センチとなっています♪』

既存ラティスの撤去から人工木ポストの設置風景

↓『角を合わせるように人工木材の貼り付けを行っています。フェンスはカギ型の形状になるため、入り隅、出隅と板材がずれることのないよう慎重に作業を進めていきます♪』

人工木材の貼り付けスタート

↓『板材の貼り付けが完了しました。板と板の間隔は15ミリとしていますが、程よい目隠し効果が出ているのがよく分かります♪』

15ミリ間隔で人工木材を設置

↓『お庭側に回ってみました。基礎の周りはすでにモルタルが流し込まれており、硬化を待って土を被せたら出来上がりです♪』

お庭側から見た仕上がり風景

↓『角部を拡大してみました。見栄えに影響する板材の合わせ目もきれいに設置されています。角は一本の支柱に対して両面から板材を貼り付けており、強度が一番高くなる手法となります♪』

角部の板材納め方

↓『ダークブラウン色の人工木ボーダーフェンスが完成しました。 お庭の植栽とも相まって、とても落ち着いた雰囲気のよいフェンスが出来上がりました♪』

人工木ボーダーフェンスが完成しました!

M様、この度は誠にありがとうございましたm(_ _)m またご不明な点、不都合などございましたら、いつでもご連絡くださいませ。

上記お写真の商品一覧になります。↓↓↓

千葉県の銘店金賞
見積書や領収書の作成もお任せください!
FAXご注文用紙
休日のご質問もお気軽にご連絡ください
人工木カットサンプルはこちら
ラティスで手軽に作るドッグラン
初めてのラティス設置方法
枕木のある暮らし(設置例と活用法)
丈夫な人工木フェンス設置例

【エコウッド】カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 年末年始&お盆休み

定休日はご注文は可能ですが、発送は出来かねますので何とぞご了承下さいませ。
お問い合わせは随時受け付けておりますが、定休日はご返答が出来ない場合もあります。重ねてご了承下さいませ。

■ご注文日→最短発送日(発送曜日が休日の場合は翌営業日となります)

・月曜日→木曜日

・火曜日→金曜日

・水曜日→翌月曜日

・木曜日→翌火曜日

・金曜日→翌水曜日

・土曜日→翌水~木曜日

・日曜日→翌水~木曜日

インスタグラム
公式インスタグラム
ホームページでは伝えきれない現場の風景や商品写真をご紹介しています♪

エコウッド庭ブログ
エコウッド庭ブログ
ラティスやフェンス、デッキなど新着事例などをご紹介しています♪

エコウッドちゃんねる
エコウッドちゃんねる
エコウッドYouTubeちゃんねるです^^
動画でもご紹介しております。

ツイッター
公式ツイッター
入荷情報や新着情報をつぶやき中♪

フェイスブック
公式フェイスブック
ラティスやフェンスなどの設置写真の他、キャンペーン情報などを公開中♪

ページトップへ