ラティス施工例【エコウッドのある風景】

No.333 【お庭の周囲に設置した人工木ボーダーフェンスBR設置例】

東京都にお住いのM様邸にて、お庭の周囲にL型に人工木フェンスを設置させていただきました♪

Before ↓『設置前の写真です。周囲には家屋が隣接しており、お隣さんの玄関も近いことから、ここに程よい目隠しと装飾を目的としたボーダーフェンスの設置をご検討されていました。』

設置前のお庭

↓『当店では下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。角部に当たる場所からL型に約3.6m、1.8mにて設置していくものです。』

完成イメージ図

After↓『まずは例によって土中用金具を設置しているところです。板材は角から貼り付けていくため、金具の間隔や隣同士の高さを正確に揃えて設置していく必要があります♪』

設置ラインに土中用金具を埋め込み

↓『設置された土中用金具の上に支柱を立て終わったところです。これより先、横張りの板材を各支柱に貼り付けていくことになります♪』

人工木ポストが設置されました。

↓『角部より板材の貼り付けが始まりました♪ 水平器を見ながら支柱が正確に地面と垂直になっているか随時チェックしながら行っていく気を使う作業です。』

角部より人工木材の貼り付けスタート

↓『下段を残してほぼ仕上がってきました。板と板の隙間は15ミリとしており、隣家との目隠しも程よい感じです。だんだんと完成イメージに近づいてきました♪』

金具のボルト締めを行うために下段は残しています。

↓『人工木材の貼り付けが完了し、L型にブラウン色のフェンスが設置されました。高さについても170センチと圧迫感のないちょうどいい高さではないかと思います♪』

人工木材がすべて貼り付けられました。

↓『直角に曲がった部分の板材の納め方について撮影したところです。隣同士の面が合致しており、こういった細かなところがずれてしまうと仕上がりが台無しになってしまいますが、きれいに納めています♪』

入隅部分の納まりを拡大しました。

↓『板材をアップしてみました。木の質感が良く出ており、天然木と見間違えそうですが人工木製です。腐りません♪』

人工木材の端面です。

↓『別のアングルから撮影してみました。このあとは土中用金具の周りを掘り下げて、モルタルで固めて仕上げていきます。』

高さ約170センチにて設置しています。

↓『すべての基礎部分にモルタルが流し込まれました。硬化を待ってから土を被せてしまうため、固まっていることは分からなくなってしまいます。 ちなみに角部の上部にもL字金具を使用して角をガッチリ固定しています♪』

上部の固定にはL金具を使用

↓『手前側に強風対策の支えを設けてこれで完成です。適度な隙間があるものの、お隣からの目線も遮られ、落ち着いた感じのよいフェンスを作ることができました♪』

端部に一ヶ所控えを設置して完成!

M様、この度は誠にありがとうございました。m(_ _)m またご不明な点、不都合などございましたら、いつでもご連絡くださいませ。

上記お写真の商品一覧になります。↓↓↓

No.332 【駐車場からの目隠しを目的とした人工木ボーダーフェンス設置例】

東京都にお住いのM様邸にて、駐車場からの目隠しとして、人工木ボーダーフェンスを設置させていただきました♪

Before ↓『設置前の写真です。お客様のお庭の向かいには広い駐車場があり、出入りも多いことから目隠しフェンスの設置をご検討されていました。』

設置前のお庭

↓『当店では下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。既存のブロックを活用して高さ約160センチのボーダーフェンスを設置するものです。風通しもよいことから、強風時の対策として2箇所に控えを設置していく仕様としています。』

完成イメージ図

After↓『まずは既存ブロック上に当店のブロック用金具が設置されました。間隔も正確に90センチごとに固定されています♪』

既存のブロックを利用して金具を設置

↓『人工木ポストをカットするため、墨を入れているところです。今回の仕様では高さ約160センチほどですので、遊びの寸法を含めて支柱は約165センチでカットしていきます♪』

人工木ポストは適宜カットしています。

↓『人工木ポストが設置されました。この時点ですでに控え(支え)の基礎となる土中用金具も埋め込まれています♪』

人工木ポストが設置されました。

↓『端部より板材の設置がスタートしました。当店の職人は上段から板材を貼っていますが、設置される寸法を予め拾い出していただければ、こちらは下段からでもとくに問題はございません♪』

端部より板材の貼り付けスタート

↓『横に1スパンを残して出来上がってきました。フェンスが貼られていない部分と見比べると、丸見えであった駐車場がほぼ見えなくなっているのがお分かりいただけるかと思います♪』

2スパンが出来上がりました。

↓『横張りフェンスの設置はこれで完了となりました。板の隙間はお客様とご相談させていただいたうえ、最終的に10ミリとしています♪』

人工木材がすべて貼られました。

↓『板の端部を拡大しました。自然な風合いの人工木材はとても温かみのある色合いで、まるで本物の木のようです♪』

人工木材の拡大写真

↓『最後に端部に控えを設置して、人工木ボーダーフェンスの完成です。 今後お庭にも緑が増えていくことで、なお一層フェンスが引き立ってくれるものと思っています♪』

強風対策の控えも設置

↓『詳細になりますが、こちらは控えの拡大写真です。フェンス側と控えの支柱はL型金具で4箇所に固定を行っており、控えを設置することで強風時には抜群の効果を発揮してくれます♪』

控えの取り付け方

↓『逆ボルト仕様のブロック金具です。ご覧の通り支柱の立ち上がり部分がオフセットされているため、金具をはめ込んでもフェンスをかわして支柱を立ち上げることができる優れものです♪』

ブロック用金具の設置写真

↓『駐車場から撮影しました。人工木フェンスができたことで、こちらからはお庭の中がほぼ見通すことができなくなり、お客様にもお喜びいただくことができました♪』

駐車場側から見た仕上がり風景

M様、この度は誠にありがとうございました。m(_ _)m またご不明な点、不都合などございましたら、いつでもご連絡くださいませ。

上記お写真の商品一覧になります。↓↓↓

No.331 【人工木ラティスフェンスの配置換え設置例】

千葉県にお住いのI様邸にて、前回設置させていただいた人工木ラティスの配置を変えて設置を行わせていただきました♪

Before ↓『こちらは以前に設置させていただいた人工木ラティスの完成写真です。今回、お子様が大きくなってきたこともあり、お庭と駐車場を塞ぐ目的としてラティスの配置換えをご依頼いただきました。』

前回の設置写真です。→ No.280 【家屋とお庭の仕切りを目的とした人工木ラティス設置例】

設置前のお庭

↓『下記は配置場所を変えた仕上がりのイメージ図になります。既存ラティスから家屋側まで直線に設置する仕様となります。なお、ラティス自体は前回設置したものをすべて取り外して流用し、足りなくなる部分のみ新しいものを使用していきます。』

完成イメージ図

After↓『まずは花壇から玄関に向かって直線に設置するため、平地金具をアンカーにて固定しているところです♪ そのまま駐車場との仕切りになるようカギ型に設置していきます。』

平地用金具にてアンカー固定を行っています。

↓『完成した写真です。玄関部分の写真になりますが、設置されていたラティスの一部は駐車場側に移設されました♪』

人工木ラティスの配置換えが完了しました。

↓『少し離れた位置からの写真です。通路になっていた部分が塞がれました。 それにしても年月が経っているにも関わらず、ラティス自体は多少の色あせはあるもののほとんど変化はありません。経年変化が少ないというのが人工木ラティスの大きな特徴と言えそうです♪』

お庭側と駐車場側が明確に仕切られました。

↓こちらは全景になります。お庭側と駐車場との仕切りが明確になりました♪』

ラティスで囲まれた花壇

↓『駐車場から撮影した一枚です。60センチと90センチ幅をうまく組み合わせて、全体幅を調整していることが分かります♪』

駐車場側の仕上がり風景

↓『最後に玄関側には出入り口として門扉を設置いたしました。お庭と駐車場がラティスで明確に仕切られたことで、成長されたお子様がお庭で遊んでいても安心していただけるのではないかと思います♪』

最後はラティス門扉を設置して完工!

I様、この度は誠にありがとうございました。m(_ _)m またご不明な点、不都合などございましたら、いつでもご連絡くださいませ。

上記お写真の商品一覧になります。↓↓↓

No.330 【駐車場からの目隠しとして設置した人工木フェンスBE】

埼玉県にお住いのI様邸にて、お庭と駐車場の仕切りに人工木ボーダーフェンスを設置させていただきました♪

Before ↓『設置前の写真です。お庭の正面には駐車場があり、アルミフェンスで仕切られていますが中が見通せてしまうため、目隠しとなるフェンスの設置をご検討されていました。』

設置前のお庭

↓『当店では下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。既存ブロック上に高さ約140センチにて、人工木フェンスを設置していくものとなります。』

完成イメージ図

After↓『まずは当店のブロック金具(逆ボルト)を使用して、正確に90センチごとに設置を行っています♪』

まずはブロック金具12センチを設置

↓『 人工木ポストの長さを調整し、設置したブロック金具に納まりました。今回はベージュ色のフェンスですので、人工木ポストもベージュ色を使用しています♪』

人工木ポストが設置されました。

↓『端部より板の貼り付けが始まりました。板と板の隙間は15ミリとし、縦に6段の板材が設置されて程よい目隠し効果が出てきました♪』

ベージュ色の人工木材を貼り付け

↓『横に約9mの横張りフェンスが設置されました。ブロック上からは約140センチにて設置しておりますが、下部のブロックと合わせて全体としてはちょうど目線が隠される位置にフェンスが貼られています♪』

人工木材の貼り付けが完了

↓『こちらは逆ボルト仕様のブロック金具です。支柱の立ち上がり部分がボルト側に寄っているため、既存の支柱をうまくかわして支柱を立てることができる最適な商品となっております♪』

ブロック金具逆ボルトの拡大写真

↓『別のアングルから撮影してみました。爽やかなベージュ色のフェンスがお庭の緑によくマッチしています。また、境界ブロックもベージュ調のため、統一感が出ているようにも感じます♪』

反対側から見た仕上がり風景

↓『人工木材を拡大しました。表面には細かい起伏が入っており、これがあたかも本物の木を感じさせるような風合いを醸し出しています♪』

人工木材の拡大写真

↓『駐車場から撮影しました。フェンスは上部のみではありますが、程よく視線も遮られ、外壁色ともよく調和した人工木フェンスが完成しました♪』

駐車場側からもしっかり目隠しされました。

↓『最後はお庭側に控えも設置され、強風時の対策も万全です♪ 少し無機質なイメージのあるアルミフェンスに比べると、このボーダーフェンスは植物と調和しやすい色合いであることに加え、目隠しという問題も解決できるよい設置事例ではないかと思います♪』

最後に控えを設置して完工しました。

I様、この度は誠にありがとうございました。m(_ _)m またご不明な点、不都合などございましたら、いつでもご連絡くださいませ。

上記お写真の商品一覧になります。↓↓↓

No.329 【新築お庭に設置した人工木ラティスフェンスWH&デッキ・人工芝】

千葉県にお住いのS様邸にて、人工木ラティスとオープンデッキ、人工芝の設置を行わせていただきました♪

Before ↓『設置前の写真です。今回お庭作りの第一弾として、既存フェンス沿いに人工木ラティスを設置し、お庭全面には人工芝を敷き、リビング前にウッドデッキを設置するご相談をいただきました。』

設置前のお庭

↓『ご提案時のイメージ図です。ラティス自体は高さを押さえて90センチ幅を横に7枚直付けする仕様とし、デッキは1.5間3尺のオープンデッキを設置し、人工芝は全面に敷き詰めていく仕様となります。また、今回はワンちゃんをお庭で遊ばせることも目的の一つですので、家屋側面に門扉も取り付けていきます。』

完成イメージ図

After↓『まずはお庭全体に防草シートを設置するところからスタートしました♪ 手前のアルミフェンスは部材の出し入れをし易いように一旦取り外しています。』

防草シートを敷き詰め

↓『人工芝が敷き詰められました。芝丈は3センチで、とてもきれいに緑が映えています♪』

人工芝が設置されました。

↓『一方ラティスの設置も完了しました。今回は既存フェンスに直付けするため、写真では見えませんがラティスを平行に設置する目的として、ラティスの裏側に細めの支柱を設けています♪ こうすることで、ラティスを並べても凸凹にならずまっすぐに設置することができています。』

道路側には白いラティスを設置

↓『続いてこちらはリビング前のウッドデッキ設置風景です。写真は仕上げの幕板を固定しているところです♪』

リビング前には人工木デッキを設置

↓『掃き出し窓に1.5間3尺のオープンデッキが設置されました。カラーは落ち着いたダークブラウン色となっています。なお、今回は足場のステップを3つ連結してデッキの横幅とも合わせた仕様となりました♪』

デッキの別写真

↓『デッキの裏側を撮影しました。大引きと呼ばれるデッキの構造部分はアルミ製で出来ています♪』

デッキ構造部分はアルミで構成

↓『お庭作りのスタートとして、ラティスとデッキ、人工芝を設置させていただき、お客様にもお喜びいただくことができました。素材はすべて人工木ですので、いつまでも出来たときの状態を維持していくと思います♪』

デッキと人工芝とラティス

↓『最後は側面に1箇所出入り口として門扉を設置しています。写真ではフェンスとの隙間からワンちゃんが出てしまうため、このあと板材を貼り付けて隙間を塞ぎすべての行程が完了となりました♪ 』

最後に人工木ラティス門扉を設置して完了

S様、この度は誠にありがとうございました。m(_ _)m またご不明な点、不都合などございましたら、いつでもご連絡くださいませ。

上記お写真の商品一覧になります。↓↓↓

No.328 【オープン外構のお庭に設置した人工木ボーダーフェンス(WH)】

東京都にお住いのA様邸にて、お隣さんとの仕切りにホワイト色の人工木フェンスを設置させていただきました♪

Before ↓『今流行りのいわゆるオープン外構ですが、隣家との仕切りは二段ブロックのみとなっています。正面にはお隣さんの玄関があるため、今回隣家との境界に沿ってボーダーフェンスの設置をご検討いただきました。』

設置前のお庭

↓『当店では下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。境界ブロック上に幅4.5mに渡ってホワイト色のボーダーフェンスを設置していくものです。高さは約150センチとなるため、端部に控えを設置する仕様となります。』

完成イメージ図

After↓『まずはブロック上に支柱が立ち上がりました。支柱の長さもカットして全体で150センチくらいになるよう頂点を揃えています♪』

ブロック上に人工木ポストを設置

↓『左側より1スパンのフェンスを設置しました。フェンスを貼っていない側と見比べると、目隠し効果は一目瞭然ですね♪』

人工木材が貼り付けられました。
隣家側から見た風景です。

↓『2スパンを貼り終え、残すところ90センチ部分のみとなりました。最後は板材を半分にカットして仕上げていきます♪』

半分以上出来上がってきました。
裏側の風景です。

↓『ホワイトフェンスの貼り付けがすべて完了しました。板と板の隙間も10ミリとしているため、お隣さんの玄関側はほぼ見通すことはできなくなっています。玄関と向かい合っていたお庭も、このフェンスがあることでうまく仕切りとなってくれたようです♪』

ホワイト色の人工木フェンスが完成

↓『ブロック金具を拡大してみました。内側からボルトで強固に固定されており、ズレることがないのが特徴です♪』

ブロック金具の拡大写真

↓『 ホワイト色の板材を拡大してみました。表面は少し荒し加工を施しており、木目を楽しめる風合いとなっています♪ 』

当店の人工木材の拡大写真

↓『最後は万が一の強風対策として、両端に控えを取り付けて完成となりました♪ 目隠し対策も出来上がり、なにより白いフェンスが一面にできたことでお庭が爽やかな印象に変わりました。お花などを飾ってもとてもきれいかもしれませんね♪』

最後に強風対策の控えを設置して完工です。

A様、この度は誠にありがとうございました。m(_ _)m またご不明な点、不都合などございましたら、いつでもご連絡くださいませ。

上記お写真の商品一覧になります。↓↓↓

No.327 【オープンデッキ周囲の目隠しとして設置した人工木ボーダーフェンス】

埼玉県にお住いのS様邸にて、リビングからの目隠しを目的として、既存オープンデッキの周りに人工木フェンスを設置させていただきました♪

Before ↓『設置前の写真です。リビング前に2間9尺のデッキがありますが、正面は道路となっていることから、今回目隠しとなるフェンス設置をご検討いただきました。』

設置前のお庭

↓『当店では下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。デッキの周りはコンクリートですので、ここに支柱を立てて周囲を囲むようにボーダーフェンスを設置するものです。』

完成イメージ図

After↓『まずはコンクリート面に当店の平地用金具を使用してアンカー固定しています。設置面は多少の傾斜がありましたが、間にゴム板などを挟み込んで水平に固定されています♪』

デッキ周囲に平地金具を設置

↓『固定された金具に人工木ポストが設置されました。地面の高低差に合わせて支柱の長さを調整することにより、上部の高さがすべて一定になるように設置していきます♪』

人工木ポストが立ちました。

↓『人工木フェンスが設置されました。支柱の上部はお客様のご希望によりシェードを取り付けられるとのことで、少し長めに残しています♪』

ボーダーフェンスが完成

↓『反対側から撮影しました。コの字に設置していることもあり強度は抜群です。また、写真では少し見づらいですが、デッキ側面と人工木ポストはL型の金具で固定もされています♪』

斜めからの撮影写真

↓『こちらはデッキ側から撮影したところです。目の前に道路がありますが、ほぼ見えなくなっているのがお分かりいただけるかと思います。ちなみに隙間は10ミリに設定させていただきました♪』

デッキ内側もしっかり目隠しされました。

S様、この度は誠にありがとうございました。m(_ _)m またご不明な点、不都合などございましたら、いつでもご連絡くださいませ。

上記お写真の商品一覧になります。↓↓↓

No.326 【マンションベランダに設置した人工木ボーダーフェンスBR】

神奈川県マンションのベランダスペースに、通りからの目隠しと装飾を目的とした人工木ボーダーフェンスBRを設置させていただきました♪

Before ↓『設置前の写真です。新築マンションのベランダで縦格子のフェンスが付いていましたが、歩行者の方から少し見えやすい環境にありました。このため、目隠し効果のある人工木ボーダーフェンス設置のご検討をいただきました。』

設置前のベランダ

↓『ご提案時のイメージ図です。マンションのフェンスには規定によりビスを使うことができません。このため耐候性型の強力な結束バンドを使って柱を固定し、その柱に人工木の板材を貼りつけることとしました。』

完成イメージ図

After↓『支柱はすでに既存フェンスに固定され、横張りフェンスの設置が始まりました。板と板の隙間はイメージ図と違って2センチ間隔としており、縦に9段の板材が設置されています♪』

アルミ部分を活用して人工木フェンスを設置していきます。

↓『直角に折れた部分まで全体的に囲って、人工木フェンスの設置が完成となりました。床の色がブラウン調のため、フェンスの色合いにとても良くマッチしているように思います♪』

ベランダ全面への人工木材が貼り付けられました。

↓『こちらは反対側を撮影しました。板の寸法を調整することで、端部ぎりぎりまでフェンスが貼られています♪』

反対側の仕上がり風景

↓『板材が90度に重なる入り隅部分も、隙間ができることなくきれいに納めています♪』

入隅部分の納まり具合

↓『物干しのアングル部分まで板材を貼ることにより、撤去することのないよう解決を図っています♪』

物干し箇所もしっかり板材を合わせています。

↓『最後に道路側から撮影してみました。ご覧のとおりベランダ内側の目隠し効果が確保されており、ほぼ見通すことができなくなりました♪』

マンションの目隠しフェンスが完成!

K様、この度は誠にありがとうございました。m(_ _)m またご不明な点、不都合などございましたら、いつでもご連絡くださいませ。

上記お写真の商品一覧になります。↓↓↓

No.325 【お庭の程よい目隠しとして設置した人工木格子ラティスBR】

東京都にお住まいのA様邸にて、お庭の周囲に通りからの目隠しとして、ブラウン色の人工木ラティスを設置させていただきました♪

Before ↓『設置前の写真です。お庭の境界にはお洒落な黒いフェンスが立っていますが、高さが少し低めなため、この部分を程よく目隠ししたいとのご要望をいただきました。』

設置前のお庭

↓『当店では下記のようなイメージをご提案させていただきました。150サイズのラティスを使用して、全体の高さを約160センチにて設置を行うものです。斜めになっている箇所は、丁番でラティスの取り付け位置を調整しながらきれいに納めていきます。』

完成イメージ図

After↓『例によって土面に土中用金具を設置しているところです。水平器を当てながら、隣同士の水平を確認しています♪』

基礎として土中金具を設置

↓『人工木ラティスが設置されました。写真に見える斜めの箇所は上下に蝶番を使用しています。こうすることで、あらゆる角度での設置も可能となります♪』

角部より人工木ラティスを設置

↓『反対側も3枚取り付けられました。ラティスの頂点がきれいに揃うと見栄えもたいへんよくなります♪』

門扉側までラティスを設置していきます。

↓『道路側から撮影してみました。格子タイプとはいえ遠目からは中が適度に目隠しされるため、完全な目隠しが必要ない場合には人工木ラティスは最適なアイテムではないかと思います♪』

道路側からみた仕上げり風景

↓『もう一枚別のアングルで撮影しました。緑によく合うブラウン色は、お庭を落ち着いた雰囲気に演出してくれます。』

道路側からみた仕上げり風景2

↓『玄関側までL型に設置して、人工木ラティスが完成しました。設置前に比べてお庭が程よく隠されているのがお分かりいただけるかと思います。ハンギングなどを行えば、さらに装飾と目隠しを兼ねて楽しむことができるかと思います♪』

ブラウン色の人工木ラティスが完成しました。

A様、この度は誠にありがとうございました。m(_ _)m またご不明な点、不都合などございましたら、いつでもご連絡くださいませ。

上記お写真の商品一覧になります。↓↓↓

No.324 【お庭周囲への人工木縦貼りフェンス(ホワイト色)設置例】

千葉県にお住まいのG様邸にて、お庭の周囲にホワイト色の人工木縦貼りフェンスを設置させていただきました♪

Before ↓『設置前の写真です。お庭の周囲はメッシュフェンスで囲まれておりますが、目隠しと景観を兼ねて、写真中央から左側全体にボーダーフェンスを設置したいとのご要望をいただきました。』

設置前のお庭

↓『下記はイメージ図になります。今回はお客様のご希望により、色はホワイト、縦貼り仕様にて設置を行うものです。』

完成イメージ図

After↓『まずは基礎となる土中用金具を等間隔に設置しています。一ヶ所斜めになる部分は板と板がちょうど重なる場所のため、しっかりと配置を決めてから埋め込みを行っています♪』

まずは基礎として土中金具を設置

↓『人工木ポストの設置が始まりました。板は縦に貼り付けていくことから、横桟となる支柱もすべて固定をしていきます。固定にはL型金具を多用して水平垂直に設置されています♪』

骨組みとして支柱を設置

↓『角部より人工木材の貼り付けを行っていきます。上、中、下と横向きに設置された支柱に対してビス打ちをしており、とても頑丈な作りとなっています♪』

人工木材の貼り付けがスタートしました。

↓『まずは片側の縦貼りフェンスが完成しました。このあとは、斜めの箇所よりもう一方のフェンスを仕上げていきます♪』

片面の設置が完成

↓『同じように骨組みを設置しているところです。内側に見える支柱は人工木フェンスの控えとなる、重要な役割を果たしてくれます♪』

もう一辺の設置がスタート

↓『貼り付けが終了しました。板の上辺がきれいに揃っていると、見栄えもたいへんよくなりますね♪』

貼り付けが完了。

↓『全体を撮影してみました。まるでガーデニングの本にでも出てきそうなとてもきれいな人工木フェンスが出来上がりました♪ 』

ホワイト色の縦張りフェンスが完成!

↓『別のアングルから撮影してみました。板と板の隙間も15ミリとしており、しっかりとした目隠し効果も出ています♪』

一直線にきれいに板材が揃っています。

↓『最後にお庭側です。緑の多い環境のなかホワイト色のフェンスに囲まれて、お庭がとても明るく爽やかな印象に変貌しました♪』

お庭側を撮影しました。

G様、この度は誠にありがとうございました。m(_ _)m またご不明な点、不都合などございましたら、いつでもご連絡くださいませ。

上記お写真の商品一覧になります。↓↓↓

千葉県の銘店金賞
見積書や領収書の作成もお任せください!
FAXご注文用紙
休日のご質問もお気軽にご連絡ください
人工木カットサンプルはこちら
ラティスで手軽に作るドッグラン
初めてのラティス設置方法
枕木のある暮らし(設置例と活用法)
丈夫な人工木フェンス設置例

エコウッド店長の紹介

『初めましてエコウッド店長の今福伸太郎と申します。

当店では、お客様にご満足いただけるよう、きめ細かい商品のご提案、キャンペーン等を随時展開していきます。

もっともっとお客様に素敵な商品をご提案できるように、これからも頑張っていきたいとおもっています。

これからもエコウッドにぜひご期待くださいませ。』
店長日記はこちら >>

【エコウッド】カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 年末年始&お盆休み

定休日はご注文は可能ですが、発送は出来かねますので何とぞご了承下さいませ。
お問い合わせは随時受け付けておりますが、定休日はご返答が出来ない場合もあります。重ねてご了承下さいませ。

■ご注文日→最短発送日(発送曜日が休日の場合は翌営業日となります)

・月曜日→木曜日

・火曜日→金曜日

・水曜日→翌月曜日

・木曜日→翌火曜日

・金曜日→翌水曜日

・土曜日→翌水~木曜日

・日曜日→翌水~木曜日

インスタグラム
公式インスタグラム
ホームページでは伝えきれない現場の風景や商品写真をご紹介しています♪

フェイスブック
公式フェイスブック
ラティスやフェンスなどの設置写真の他、キャンペーン情報などを公開中♪

ツイッター
公式ツイッター
お得な情報や新着情報をつぶやき中♪

ページトップへ